電子ブック(電子書籍)の使い方



■電子書籍サービスA:
「電子図書館LibrariE」(ライブラリエ) 


■電子書籍サービスB:
「Maruzen eBook Library」(MEL) 丸善雄松堂の機関向け電子書籍提供サービス

  1. 初めて「Maruzen eBook Library」の電子ブックを使う方へ
    • 学内のパソコンや、学内無線LANに接続されているスマートフォン・タブレットの場合、そのまま利用できます。
    • 学外で電子ブックを読むためには、最初にこちらの方法でアカウントを作成する必要があります。

  2. 英語多読本(Extensive Reading・Easy Reading)を選んで読む

    1. レベル別タイトルリストから探す
    2. 多読学習を楽しく続けるためのポイント
      • 辞書は引かない
      • 分からないところは飛ばす
      • つまらなくなったらやめる

    3. 自分の英語レベルを判定する(外部サイト)
      • マクミランリーダーズlevel-test
        レベルテストにチャレンジして、自分の語学力に合ったレベルの本からスタートしましょう。
      • M-Reader(英語多読テストプログラム・無料ユーザー登録が必要)
  3. 蔵書検索(OPAC)を使って、タイトルで探す
    ※「所在」を「電子ブック」にすると、電子ブックのみ検索できます。
    「電子ブックを表示」をクリックした後、「閲覧」ボタンをクリックしてください。

  4. Maruzen eBook Libraryの購読契約タイトル一覧から探す
    ※学内ネットワークから 及び ログイン後のみ


  5. 学外で電子ブックを読むには

    1. MeLアカウント作成方法
      • 学内のネットワーク・無線LANに接続された情報機器から行ってください。
        ※学内無線LANは「hint-net」に接続してください。
      • MeLトップページ右上の「アカウント」ボタンを押してください。
        アカウントを作成すると、学外からも利用可能です。
      • 大学のメールアドレス(後半が@hannan-u.ac.jpのもの)を使用して下さい。
      • その他の注意点などはこちら
        ※有効期限は、登録日から90日間です。

    2. PDFでダウンロードするか、印刷して利用する方法
      ※印刷・保存は著作権法に則った私的使用等の範囲内に限られます。

  6. その他
    1. 「閲覧待ち」となって読めない場合
      ※他の方が閲覧中ですので、10分の閲覧占有時間を待って再度アクセスするか、他の本を選んでください。  
    2. 冊子体(本)で、貸出可能な「英語学習関係図書」はこちら
    3. 学内ネットワーク(無線LAN)への接続方法のしかた
      ※「HInT」にログイン後、「利用の手引き」→「システム利用の手引き」→「システムその他設定(学生、教職員共通)」→「無線LAN接続方法について」をご覧下さい。

    4. Maruzen eBook Library ご利用案内

■電子書籍サービスC:
「eBook Collection」(EBSCOhost) 


TEL:072-332-1224  阪南大学図書館webサイト