通常検索
カテゴリ検索
詳細検索

学外からのデータベース・電子ジャーナルの利用方法について

VPN接続による学外からのデータベース利用

VPNとは、(Virtual Private Network)の略です。
VPN接続を利用することで、自宅などの学外からインターネットを経由して大学のネットワークに接続します。通常は学内のネットワークのみで利用できるデータベースや電子ジャーナルを学外からでも利用することができます。

・VPN接続が可能な方: 本学所属の教職員および学生
・接続方法:
「阪南UNIPA 」>「利用の手引き」>「システム利用の手引き」>「リモートデスクトップ接続」をご参照ください。

Shibboleth認証【学認(GakuNin)】による学外からのデータベース利用

阪南大学は、学認(GakuNin)に参加しています。 図書館で契約しているデータベースや電子ジャーナルで、Shibboleth認証による接続に対応しているものについては、学外から利用することができます。

・Shibboleth認証接続が可能な方:本学所属の教職員および学生
・Shibboleth認証接続が可能なデータベース:
「阪南UNIPA 」>「図書館」>「学認データベース(学外のみ)>「SSO ポータル画面(阪南IDでログイン)」または、データベース検索ページをご参照ください。
・利用方法:学認による学外アクセス方法-共通-
・学認サイト:学術認証フェデレーション GakuNin別ウインドウで開きます